NURO光は安い?初期費用、月額料金、解約金などをご紹介。




NURO光の初期費用はいくら?

ま、NURO光に契約する際にかかるお金である初期費用について解説します。

NURO光の初期費用は、事務手数料と工事費

NURO光に契約する際にかかる初期費用は、工事費と事務手数料の2種類です。
事務手数料は3,000円です。工事費用は、戸建て・マンション問わず一律で40,000円になります。

NURO光初期費用

事務手数料 3,000円
工事費 40,000円
NURO光でんわを
利用する場合
+3,000円
土日祝に
工事する場合
+3,000円

事務手数料は最初に一括で支払いしますが、工事費は高額です。
工事費は、一括で支払うことも可能ですが、工事費は基本的に30ヶ月分割で請求されます。
40,000円を30ヶ月分割で支払うので、工事費の1ヶ月当たりの請求額は1,333円です。

月額費用と工事料金で月額が高くなりそうと心配になってしまいそうなですが、NURO光に契約している間は工事費は実質無料になります。

無料になる理由は、工事費の割引キャンペーンがあるからです。

キャンペーンで毎月1,334円の割引を受けられるので、工事費が実質無料となります

そのため、毎月の請求は下記の様になります。

NURO光の月額請求例

月額料金:4,743円

工事費:1,333円

工事費(割引:-1,334円

毎月の支払いからは、工事費分がまるまる割引されますが、あくまでキャンペーンで割引されているだけなので、支払いの必要があるという点に注意しましょう。

工事費を払い終える30ヶ月より前にNURO光を解約をしてしまうと、未払い分の工事費は一括で請求されるので注意しましょう。

NURO光でんわを利用する場合には、工事費はベット3,000円かかります。

また、土日祝日に工事を行う場合にも追加で3,000円の特別料金が必要になるので、工事はなるべく平日に行った方が良いでしょう。

NURO光の初期費用まとめ

NURO光の初期費用は、事務手数料3,000円+工事費40,000円の合計で43,000円最低でも必要です。

NURO光の初期費用の支払例

事務手数料:3,000円

工事費:40,000円(実質無料)

初期費用支払額:3,000円

ただし、工事費に関しては実質無料になるので、実際に支払うNURO光の初期費用は3,000円からになります

NURO光の料金って毎月いくらで割引はある?

NURO光で毎月かかる料金、月額基本料やオプション料金、携帯・スマホのセット割について解説します。

NURO光の月額基本料

NURO光の月額基本料は、戸建てから7階建までの集合住宅向けの戸建てプランと、3階建以上の集合住宅向けのマンションプランの2種類あります。

料金は、戸建プランで4,743円、マンションプランで2,500円です。

NURO光の月額基本料

戸建てプラン 4,743円
マンションプラン 2,500円

ここに各種オプションや割引などが盛り込まれ、毎月の請求額が決まります。

NURO光の月額料金は他社の光回線と比べるとお得です。

それは、他社の光回線では有料オプションになっている、無線LANルーターのレンタルやウイルス対策ソフトが、NURO光では月額料金料金だけで使えるからです。

月額料金も、安く他社より1,000円~2,000円は安いので、NURO光の月額料金はとてもリーズナブルでコスパが良いと言えます。

NURO光のオプション料金

月額基本料の他にかかる費用が、オプション料金です。

NURO光には、光電話、動画配信サービス、パソコン操作サポートなどのオプションが用意されています。

NURO光のオプション料金

料金 概要
NURO光でんわ 500円/月 固定電話サービス
U-NEXT for NURO 980円~/月 動画配信サービス
So-net 安心サポート 基本料金300円/月
1件目無料
2件目以降1,200円/件
電話+リモートで、
パソコンサポート
So-netくらしのお守りワイド 450円/月 日常保険サービス

いずれかのオプションサービスに加入すると、毎月上これらの料金がかかります。

NURO光の割引

NURO光では、ソフトバンク携帯・スマホのセット割、「おうち割」が利用できます。

「おうち割」は、NURO光とソフトバンク携帯・スマホをセットで契約していると、受けられる割引サービスです。

携帯・スマホで契約しているデータ通信プランにより、毎月500円~2,000円の割引が受けられるので、ソフトバンクと契約している方はとてもお得になるのでぜひ活用しましょう。

NURO光×ソフトバンクスマホのセット割金額

割引金額
~2年目まで 3年目以降
30GB 2,000円 1,008円
5GB/20GB
LTEフラット
1,522円 1,008円
1GB/2GB
3Gケータイ
500円 500円

おうち割は家族の携帯・スマホの分も割引してくれます。

最大10台まで、それぞれで契約しているデータプランによって割引されます。

NURO光の解約時にかかる違約金と工事費の残債

NURO光の解約の時に発生するお金は、違約金と工事費の2種類などになります。

NURO光の解約違約金

NURO光の違約金は、必ず発生するお金ではなく、NURO光で解約違約金が発生するのは、契約更新月以外に解約した場合です。

NURO光の契約は基本的に2年単位で、ちょうど携帯やスマホと同じ2年縛りになります。

ですので、更新月以外にNURO光を解約した際の違約金は、一律で9,500円かかります

NURO光の解約違約金

戸建てプラン 9,500円
マンションプラン 9,500円

2年単位の契約になるので、最初の更新月は25ヶ月目になります。

例えば、2018年1月に契約した場合は、最初の更新月は2020年の2月になります。

そのため、違約金を払わずに解約する場合は、最初は25ヶ月目、次は49ヶ月目、その次は72ヶ月目という様に、契約更新月で解約を申し出ることが必要になります。

工事費の残債

違約金以外に解約時にかかるのが、工事費の未払い分です。

NURO光の工事費は、キャンペーンで月額料金からまるまる割引されていますが、あくまで実質無料になっているだけです。

なので、解約時に工事費の未払い分が合った場合、一括で支払う必要があります。

工事費は、1,334円×30ヶ月で清算されるので、NURO光の解約が契約から30ヶ月未満だった場合その分が支払金額となります。

例えば、12ヶ月目で解約した場合、工事費の残りの支払いは18ヶ月分残っています。
その場合、1,334円×18ヶ月分になり、24,012円を解約時に一括で清算します。

しかし、NURO光に契約してから30ヶ月以上経過し、工事費をすべて支払っていれば解約時に工事費の清算は発生しません。

回線撤去の費用

NURO光を解約する際は工事で設置した機器を撤去する工事があります。

この回線撤去は、お金がかかるので、必ずしないといけないという作業ではありません。

回線撤去費用は、10,000円なので戸建ての場合、しなくて良いと覆います。

しかし、マンションなど賃貸などの場合、管理会社や大家さんから退去時に原状回復として撤去を要望されることがあるので、最終的ににやらなくてはいけない場合もあるかもしれません。

レンタル機器を大切に保管しましょう

NURO光に加入した際にレンタルしたONU(回線終端装置)は、解約後返却が必要です。

もし、無くしてしまったり、捨ててしまったりすると、11,000円を請求されるので、返却を忘ずにしましょう。

返却の際、「レンタル機器回収キット」という段ボールと発送伝票が送られてくるので、それらを使って返却します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする